トップページ
太古水について
なぜ体に良いか
会社概要
お勧めしたい方



太古水の特徴


1.天然アルカリイオン水
天然のアルカリイオン水(pH8.1)で、私たちの体液と同じ弱アルカリ性です。しかも天然100%のピュアなアルカリイオン水です。

2.体液に近い酸化還元電位の水
酸化還元電位は、+180mVで、人の体液に近い値。
水の酸化還元電位は、純水の+250mVを基準に、数値の高い方が酸化側の水、数値の低い方が還元側の水と言われます。一般の水道水では、+500〜+600mV、市販のミネラルウォーターでも+300mV前後が普通とされています。ちなみに私たちの体液は-100〜+200mVと言われています。

3.ミネラルバランスが良い水
主要ミネラルのバランスが理想的であると共に、有効な微量ミネラルを豊富に含んでいます。別表参照

カルシウムとマグネシウム、ナトリウムとカリウムの比率がいずれもほぼ2:1で理想的なバランスになっています。微量ミネラルでは体の新陳代謝に必須となる亜鉛や、骨の代謝にかかわるマンガンやストロンチウムなどが、水道水の十倍程度多く含まれています。「奇跡の水」で知られる「ルルドの水」に多く含まれる、ゲルマニウムも微量ながら含まれています

その他、油を溶かす力が高く酵素の働きを促進する水としても研究結果が出ています。

  1. 毎食30分前にグラス1杯、2時間半後にグラス1杯の水を飲む。(慣れてきたら2杯)
    体質改善としての飲み方は一日当たり1.5リットルから2リットルの飲み方が必要とされています。

  2. お茶やコーヒーを除き、1日に自分の体重の30分の1リットルまで飲む水の量を増やす。
      (例:体重60キロなら1日に飲む水の量は2リットル)
       ただし、飲む量を増やしても尿の量が増えない人は、いきなり増やさずに徐々に増やす。

  3. 毎日ひとつまみの天然塩をなめる。(夜寝る前に摂るとよく眠れるようです)

  4. 毎食事前30分に水分を取る。

  5. 少量のミネラル分も取りながら摂取する。

この飲水法は、1931年にイランで生まれた医師、バトマンゲリジ博士がすすめる飲水法です。博士はイギリスで医師免許を得た後、イランに帰国してイラン革命に巻き込まれ、獄中で患者の診察にあたりました。薬が使えない中で、胃潰瘍に苦しむ囚人に水をコップ2杯飲ましただけで癒したのをきっかけに、水だけで3000人の患者を治療し続けました。革命後、アメリカに移住して、医学と生理学と臨床面から水の薬効を解明し、水に秘められた治癒のメカニズムを体系化しました。それをまとめた博士の著書は1995年アメリカから世界に大反響を巻き起こし、100万部を突破、代替医療の世界に飲水療法の大ブームを巻き起こしています。
日本語翻訳版は「病気を治す飲水法 −万病を予防し治す水の力を総解説!−」中央アート出版社刊

このページの先頭へ

 


Copyright(c)  株式会社オアシス All rights reserved